本家本元UQ WiMAXならお得なオプションがたくさんあります

auのWiMAXなら、WiMAXエリアは高速に!、WiMAXエリア外でもauの3G回線でモバイル通信ができるんです。月額も380円〜と他社にはない料金プランやWiFiなどのオプションも用意されています。

@niftyが、WiMAX2+で15,000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)!

8インチタブレットASUS MeMO Pad 8とルーターが1円になるキャンペーンも実施中!

UQ WiMAXの特徴

UQ WiMAXはWiMAXの本家本元でありますので、他社とは異なるいくつか特徴があります。

そのうちの一つで、料金プランがあります。料金プランは、他社は、UQ Flat 年間パスポートと同様に、1〜2年の継続契約を条件に月額を3,880円ほどにするプランとなっていますが、UQ WiMAXでは、携帯電話のパケットのプランによくあるような2段階定額プランなどが用意されています。

UQ STEPが2段階定額プランとなっていて、380〜4,980円となっていますので、全く使わない月は380円で済んでしまいますので、必ずしも毎月たくさん使うとは限らない方はこのプランがおすすめです。また、このプランやUQ Flatは最低契約期間がわずか30日ですので、30日過ぎればいつでも解約できるのもUQ WiMAXならでは特徴です。

無線LANサービスのUQ Wi-Fi

UQ WiMAXでは無線LANサービスが無料で利用できます。

UQ WiMAX以外のWiMAX業者の場合は、無線LANサービスを提供していなかったり、提供していても有料となることがほとんどですが、UQ WiMAXの場合は無料となっています。(無料ですが利用する場合は別途申し込む必要はあります。)

サービスエリアも東海道新幹線をはじめとして全国10,000ヵ所以上と広くなっています。

対応機器としては、IEEE802.11bに対応した無線LAN機器で、アクセスポイントによっては、IEEE802.11a/g に対応している無線LAN機器も使えるようになっています。

WiMAX機器追加オプション

WiMAX機器追加オプションもUQ WiMAXならではの特徴です。

WiMAX内蔵パソコンを複数利用していたり、WiMAX内蔵パソコンとルーターの両方を使いたい場合など、複数のWiMAX機器を使う場合、この契約することで、月額200円で、それぞれの機器で通信できるようになるサービスです。

他社の場合は、機器ごとに契約となりますので、複数機器を持っている場合などには大変お得になっています。

ただし、1契約あたり最大2機器の追加までとなっているのと、複数の機器を同時に通信することはできません。

もし、2台の機器を同時に使いたい場合は、UQ WiMAXには、WiMAXファミ得パックというオプションも用意されています。

こちらは、WiMAX機器追加オプション同様、WiMAX機器を追加すると、2,480円/月で、2台同時にインターネット接続できるようになるサービスです。通常でしたら、3,880円+3,880円ですので、WiMAXファミ得パックを利用することで、1,400円/月お得となっています。

海外でもWiMAX

WORLD WiMAXという海外でWiMAXを使えるというオプションも用意されています。

これは、WiMAX搭載パソコン(データ通信カードやルーターは非対応)で、アメリカと韓国の「WiMAX1日利用サービス」が利用できるというオプションです。

アメリカなら、これを契約することで、無料で通信することができます。韓国では1日で3,000ウォンとなっています。

ただし、注意しないといけないのは、各国で対応しているWiMAX通信モジュールとWiMAX接続ユーティリティが異なる点です。契約前および渡航前には必ず確認しておいた方が良いでしょう。

UQ WiMAXでTry WiMAX

WiMAXがいいのは分かったけど、自分の行動範囲で果たして、WiMAXがつながるのか?って気になりますよね。

実際に、WiMAXのエリア内だけど、繋がらないケースは少なからずあります。特に、建物の中に入れば入るほど届きにくくなるのは実際に起こります。

というわけで、WiMAXを契約する前に、WiMAXが使えるかどうかを試したい、もしくは、WiMAXの速度がどの程度なのか実際に確認したい等の場合に、WiMAXの本家本元のUQ WiMAXがTry WiMAXというサービスを行っています。

Try WiMAXは何かと言いますと、WiMAXの機器を15日間借りて、実際に利用できるというサービスです。もちろん無料です。

主立った通信端末を選ぶことができますので、実機で試せるわけです。Atermについては、UQ WiMAXのHPからは申し込むことができず、ビックカメラやヤマダ電機などの店舗で申し込まなければなりません。

また、DATA08Wというルーターも借りることができます。このルーターは、auの3G通信も行えるルーターです。よって、このDATA08Wというルーターを借りればWiMAXのみならず3G通信のテストまでできてしまうのです。

Try WiMAXに申し込むと選んだ通信機器が送られてきますので、実際に受け取って、15日以内に送り返すだけですから、とっても簡単です。申し込んだからと言って勧誘の電話が鳴り続けるとかもありませんでした。

料金は無料ですが、クレジットカードの登録が必要ですから、クレジットカードは予め用意しておかないといけませんので、その点はご注意ください。

WiMAXにしようか、イーモバイルなどにしようか、それとも固定回線にしようかなどを迷っている方は一度UQ WiMAXのTry WiMAXに申し込んでみてはいかがでしょうか?

ピックアップWiMAX

WiMAX2+/WiMAX/au 4G LTE 3つのネットワークが選べる!


UQ WiMAX

WiMAX2+/WiMAX/au 4G LTE 3つのネットワークが選べる!が使えたり、380円/月〜の料金プランに、オプションも豊富!