WiMAXやPocket Wi-Fiなどのキャンペーン比較

ポケットWiFiやWiMAXなど、モバイルWiFiルーターとネット回線を使ったモバイルデータ通信に関するあらゆる情報を紹介しています。ポケットWiFiやWiMAXのキャンペーン比較などお得情報も盛りだくさんです。

ヘッドライン

ポケットWiFiとWiMAXのどちらがいい?

ポケットWiFiを検討している人は、ポケットWiFiがどうしても欲しいわけではなくて、インターネットに接続できるWiFiモバイルルーターが欲しいのだと思いますが、であれば、WiMAXでもいいわけです。

WiMAXのルーターも小さいですし、WiFiにも対応していますから、スマホやタブレットを接続してインターネットに接続することもできます。

もうちょっと突っ込んでみれば、SIMフリーの機器なら、格安SIMと呼ばれるSIMを購入することで、インターネット接続することができるのです。

また、例えばお気に入りのカフェがあって、そのカフェがWiFiスポットならわざわざWiFiルーターを持ち歩く必要さえないのです。

当然ですが、それぞれには長所と短所がありますので、一概にどれがいいとは言えないので、その辺りを少し考えてみたいと思います。

ポケットWiFiの長所は、なんと言ってもそのエリアの広さです。通信速度さえ気にしなければ携帯電話と同じエリアで使えます。通信速度が気になるとしてもLTEなら高速です。ただし、LTEの場合は、かなり限定されたエリアでしか接続できないので、全国各地に行くと言う方には向きません。どちらかというと、東京や大阪の都市圏でほとんどを使用する方向きでしょう。また、LTEは速度制限の問題もあります。

こういう都市圏で使うのであれば、WiMAXも選択肢に入ってきます。WiMAXはLTE同様高速通信ができますし、LTEのような速度制限も今のところありません。費用も、キャンペーンを使うなどすれば、ポケットWiFiもWiMAXもほとんど違いはありません。

WiMAXのルーターには、LTEや3Gに対応したものもありますので、エリアも気になるという方はこういうルーターを選ぶという選択肢もあります。ただし、この場合、月額が少々高くなってしまいます。

ポケットWiFi

ポケットWiFiというと、イーモバイルを指すのですが、一般的には、インターネット接続できないタブレットやスマホなどの携帯端末をWiFiで接続するルーターを指すことが多いようです。要するにWiFi接続するとインターネットにつなげることができて持ち運べるモバイルルーター全般を指して言われることも少なくないようです。

ポケットWiFiをイーモバイルと限定すると選択肢は限られてしまいますが、広義のポケットWiFiと言うことになりますと、もう少し、幅広い選択肢が出てきます。

最近流行っている格安SIMもモバイルWiFiルーターに指すことができれば、ポケットWiFiだということもできるでしょう。

そんな中でオススメの一つがWiMAXです。WiMAXというと、高速モバイルデータ通信の代名詞といえるくらい高速回線ですし、何よりLTEのように、速度制限が無いのがおすすめポイントの一つです。WiMAX以外のポケットWiFiで動画を見たりしているとすぐに速度制限にかかって低速回線になったりしますが、WiMAXの場合、その点問題ありませんので、固定回線の代わりに使う人も少なくないのです。

また、WiMAXは、以下に紹介していますが、各社が競ってキャンペーンを実施していますから、実質価格も安く押させることができるのです。

ポケットWiFiに興味のある方は一度WiMAXも検討してみてください。

WiMAXキャンペーンの比較

WiMAX2+のサービスが開始されましたが、従来のWiMAXも人気です。WiMAXのキャンペーンについては、WiMAXとWiMAX2+では異なりますので、比較するに当たって予め考えておく必要があります。

WiMAX2+は、従来のWiMAXの2倍以上の速度が出て、価格も同じです。最大25ヶ月間は速度制限なく使用できますが、それ以降は月間7GBを超すと128kpbsに制限されます。速度制限された場合でも、ノーリミットモードというWiMAXのモードにすると、速度制限が解除されます。WiMAXキャンペーンですので、下り最大40Mbpsの速度となります。

さらには、auのエリアを使用したりする場合などは別途費用がかかってきたりしますし、そもそもWiMAXプロバイダによって、auエリアに対応していないケースも多々ありますので、WiMAXキャンペーンを比較するにしても、ご自身がどのように使うつもりなのかをハッキリさせておかないとキャンペーンの比較することも難しいのです。

ポケットWiFi

ポケットWiFiというと、携帯電話くらいの大きさのモバイルWiFiルーターを指すことが一般的ですが、正確にはイーアクセス社の登録商標となっていますので、他社製はポケットWiFiではないんですね。

アメリカでコピー機のことをゼロックスと呼ぶようなもんでしょうか?

このサイトでは、一般的な呼称としてのポケットWiFiについて紹介しています。

最近は、スマホを持っている人が多く、また、スマホはテザリングができるため、わざわざポケットWiFiを買って持ち歩く必要もなくなったのではないか?と思わなくもないのですが、実は結構売れているそうです。
テザリングをすることで一番の問題は、上限パケット数を上回って、スピードが遅くなることですね。これを回避するためには別途モバイル回線が欲しいということでしょうか。もちろんバッテリーの問題もあるでしょう。

スマホではなくて、タブレットを買ってそれでテザリングしてWiFiを使うなんて方法もありますが、逆にWiFiしかないタブレットを買った場合に、ポケットWiFiを一緒に持ち歩くという感じでしょうか。

ちなみに、SoftBankやauのテザリングオプションは525円/月。ただし、加入プランにもよりますが、2年間無料だったりもします。

例えばiPhoneでデータ通信をOFFにして、データ通信をWiFi経由のみにして、ポケットWiFiを持って、iPhoneのパケ放題に加入しなければ、月に2000円程度の節約になるようです。まあ、バッテリー管理を2台しないといけないとか、ポケットWiFiのスイッチを入れないといけないとか、そもそも2つ持ち歩かないといけないとか、データ通信するときにポケットWiFiが繋がってるか確認しないといけないとか問題点は多々ありますが、支出を安く抑えたいのであれば、選択肢としてはありですね。

なお、ポケットWiFiにしたところで、LTEの場合は、パケ上限がありますから、速度制限に引っかかる可能性はあまり変わりはないでしょう。速度制限が気になる方はWiMAXがおすすめです。WiMAXは、エリアが若干狭くなりますが、速度制限はありません。繋がりやすさで言うと、ポケットWiFiの3G+LTEにはかなわないですね。都会から外れたり、室内に入るとWiMAXはつながりにくいですから、費用を抑えると言う用途からすると、若干使いにくいかもしれません。エリアに関しては1週間借りることもできますので、日頃の自分の生活範囲内で確認してみてもいいかと思います。